ホーム>ブログ>「JOSEN'S JAZZ」定仙哲也ライブ~2016.8.19(金)~お知らせ
ブログ

「JOSEN'S JAZZ」定仙哲也ライブ~2016.8.19(金)~お知らせ

ナマステ!イトウです。

 

カトマンズバールでの真夏のライブ

「JOSEN’S JAZZ」 のご案内です。

メンバーは

ギター  定仙 哲也

アルトサックス 多田 誠司

ベース 池尻 洋史

 

忙しいスケジュールを合わせていただきました。

 

 

毎年大山でジャズフェスティバルがあるのは

 

よく知られていますが、

 

今年はカトマンズバールでも

 

縁あって、ライブができて嬉しいです。

 

 

先日ライブしてくれた、ミカコさんと同じ、

 

 

定仙さんも同窓生!

 

 

私の友人からの紹介で実現しました。

 

 

実際在学中はそんなに接点がなかったのですが、

 

ライブ快諾、「せっかくだから、」と

 

共演メンバーの調整までしていただきました。

 

本当に嬉しいです。

 

 

そういう 

 

「さりげなく、頼りになる 性格の良さ」

 

が定仙さんには感じられます。

(私も見習いたいと思います!「勝手に頼りにするな~」

とおもっているかもしれませんが、、、。)

 

 

1stリーダーアルバム「JOSEN’S JAZZ」も発売中です。

 

 

 

お客様は大いに食べて、飲んで、

 

近い距離で楽しめる(しかもアットホーム)のが

 

カトマンズバールライブの良さだと思っています。

 

ジャズ初心者の方も是非、

お越しください。

 

 

アーチスト紹介もご覧ください~

 

*************

「JOSEN’S JAZZ」

2016年8月19日(金)

開場18:00(お食事等ご注文、お召し上がりのうえ開演をお待ちください。)

開演 19時30分

  ジャズスタンダードを中心に演奏予定

ミュージックチャージ ¥2.000(ご来店時にお支払いください。)

*別途、お飲み物、お食事代かかります。

お申込み カトマンズバール

TEL:070-6970-8449

  (申し込み締め切り8月17日)

*************

 

JOSEN (定仙哲也) (ギター)

2016714235021.jpgのサムネイル画像

1973年横浜生まれ

18歳の時ギターを始める。翌年ジャズギターを始める。

マックミュージックスクールにに入学。2年間で卒業。

飯田JAZZ SCHOOLで西村俊哉 氏(G)、大山日出夫 氏(AS)に師事

卒業後、東海林由孝 氏(G)に師事

 

現在、自己グループや日本JAZZギター界の第一人者、中牟礼貞則 氏とデュオや様々なセッションで活躍中。

また行進の指導にあたる他、テレビ番組への演奏提供なども務める。

2016年、1stリーダーアルバム(JOSEN’S JAZZ)をリリース。JAZZ LIFE4月号に、インタビュー、CDレビュー掲載 

(すべて、定仙哲也 氏HPより抜粋して掲載しています。詳しくはサイトをご覧ください。)

http://josens-jazz.com/

 

  

多田誠司プロフィール

2016714235736.jpg

1960年、香川県高松市生まれ

香川大学付属高松中学、高松高校を通じて

吹奏楽部でFluteおよび指揮者を担当する。

岡山大学入学と同時にJAZZ研究会に入部。

20才の時AltoSaxに転向する。

大学卒業後、就職のため地元に帰り、セミプロの立場で、中四国・京阪神のライブハウスで活動するが、JAZZへの情熱を捨て切れず、

1988年上京。都内ライブハウスで活動を開始する。

(途中ですが、プロフィール詳細

こちらのサイトをご覧ください    www.tadasei.net/profile)

現在リーダーバンドとして「Oaky」を率いる他、スガダイローpとのデュオ、福田重男pとのデュオ、香取良彦JazzOrchestraなど多方面で活躍中。  (中略)

洗足音楽大学および飯田ジャズスクール、Da Capoで講師として教鞭をとる。

2013年、地元高松市観光大使を拝。

(すべて多田誠司 氏HPより抜粋掲載させていただきました。)      www.tadasei.net/

 

 

  池尻 洋史 (ベース)

2016714235333.jpg

1979年生まれ。千葉県出身。

中学、高校と吹奏楽部に所属、様々な楽器にふれる機会を得る。

千葉大学に入学しモダンジャズ研究会に所属。

アコースティックな低音の世界に惹かれ、JAZZコントラバス奏者を志し、

山下弘治 氏に師事。

在学中より、積極的なセッション活動とストリート演奏を通して、演奏技法に磨きをかけ徐々にライブスポットでの演奏に活動展開した。

アンサンブルにおいて、刺激の中心となりつつもサウンドの基礎をしっかりと支えることを

信条としている。

(すべて池尻洋史 氏HPより抜粋して掲載しています。くわしくは

をご覧ください。)      www.hiroshiikejiri.com/

 

*************

 

プロフィールをアップしていて、

さらに楽しみになってきました。

この夏、カトマンズバールも頑張りたいと思います。

 

ご予約お待ちしております。

 

 お読みいただき感謝~201671504552.jpg

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.peace-himalaya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/89

ページ上部へ