ホーム>ブログ> モモがいっぱい
ブログ

モモがいっぱい

めずらしく朝ブログとなりまして、

 

濃ゆい日本茶を飲みつつ

 

 

イトウです。

 

 

 

突然ですが、

 

私がネパールで食べた

 

モモ(ネパール蒸し餃子)を

 

だいたい全部思い出してみました。

 

 

頭の中でなんとなく、

 

場所も思い出しつつ

 

場所、名前は個人的に質問受け付けます。

(お答えできる範囲でですよん。)

 

 

*餃子の形でおなじみ→チベットスタイル部門

野菜のモモ  ジャガイモのペーストとキャベツなど

         一皿6個くらい。トマトベースのソース(アチャール)付き

 

鶏肉のモモ  鶏のひき肉が入っている

 

水牛のモモ  ネパールのスタンダードなヤツ。お肉やわらかめだった気がする

 

チーズのモモ  チーズ(脂肪分少な目な?)が入っていて揚げてある。

          大きめ。一皿3個くらい

 

 

*丸い小龍包みたいな形→ネワールスタイル

水牛のモモ ① 小さくて一口サイズ。一皿8個くらいで

          ソース(アチャール)が特徴的で美味しい

                       超人気店

 

        ②小さくて一口サイズ。お肉が硬くて

          スパイスが効いている。アチャールはケチャップっぽい

 

        ③小さくて一口サイズ。お肉が硬くて

          結構辛い。アチャールは辛くない。

 

        ④小さくて一口サイズ。お肉硬くて

          結構辛い、油分多め。

 

        ⑤皮が厚くて硬い、お肉も硬くて

          辛い。

 

これだけ種類が有ると、

 

今日は調子が悪いから、脂っこくないのにしよう。

 

とか、出来ちゃいます。

 

 

旅行中の外食は

 

何かと気をつけますよね。

 

 

 

ネパールのモモといっても

 

 

お店お店によって

 

手作りで違うのです。

 

 

当然人気店には

 

人が集まりますし、

 

朝から晩まで

 

モモを供給し続けているわけです。

 

 

お客さんはひっきりなしで、

 

待ち時間もほぼ無しです。

 

いつでも蒸したて熱々がきます。

 

 

 

厨房では、

 

粉を捏ねて、のばして、詰めて、包む。

 

お湯を沸かして、一日中蒸しています。

 

 

一皿6個~8個ですよ。

 

メニューがモモだけのスタンドも多いので

 

朝から晩までモモを包んでいるといっても

 

過言ではないのでしょうか。

 

 

ほんとにネパールでは、あたりまえの食べ物なんです。

 

 

やっぱり、いろんな意味で

 

 

興味深い国ですね。

 

 

ちよっとだけでも

 

 

ネパールのモモについての

 

 

スタンスがわかってもらえれば

 

 

いいなぁと思っています。

 

 

 

では、今日もはりきっていきましょう!

 

(朝ということで)

 

 

 

 

 

******

カトマンズバールのモモは

ちょっとスパイシーな丸い形の本格派

ビールのおつまみにもどうぞ!!

カトマンズバール(木曜定休)

TEL070-6970-8449

*******

本店 ピースヒマラヤレストラン

親しみやすいチベットスタイル(餃子の形)

年中無休になりました。

TEL0463-92-3227

*******

 

 

 

 

 

 

 

         

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.peace-himalaya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/23

ページ上部へ