ホーム>ブログ> ガラスの小瓶
ブログ

 ガラスの小瓶

今日はなんか喉が痛くて

 

はちみつしょうが紅茶を

 

飲みつつイトウです

 

 

 

日中暑くて、夜ガクンと涼しい

 

 

気を抜くと風邪ひいちゃうんです。

 

 

皆様もお気をつけて

 

 

週末はサッカー

パブリックビューイングで応援しなくちゃいけないので。

 

(風邪どころじゃナイ)

 

 

当店のショップカードに

 

 

「不思議で魅力的な国ネパールの~」

 

 

と書いてあるのですが、

 

ちょっと喉が痛くて

 

思い出したお話です。

 

 

そんなに田舎ではなく、

 

 

むしろ新しいお家が立ち並ぶ地域に

 

(まだ舗装されていない

雨でぬかるんだ道が目立っていた

印象が残っています。)

 

そのおばあちゃんは3階建てのアパートに

家族と住んでいました。

 

 

ラマさんの親戚だったか

 

(近いも遠いもたくさんいます)

 

 

一通りご挨拶して

 

いろいろお話して

情報交換も終えたところで

 

おばあちゃんが、

 

「ちょっと頭が痛いから・・・」と

 

こめかみのところに

 

なにやら小瓶の入っている薬をつけ始めました。

 

 

これはなんですか。と聞くと

 

 

なんにでも効く薬でいつも使っているそう。

 

痛いところなどに塗るらしい。

 

色は透明で小さな小さな

 

携帯用のウイスキーボトル(平べったい)

 

みたいなのに入っていました。

 

 

帰るときに2本

その薬をくれました。

 

良く効くから持っておゆきと

 

 

日本で1本は友人にあげて

もう1本は開封しました。

 

 

この何でも効く薬って

いったいなんなの。と・・・

 

 

中は・・・

 

 

ペパーミントオイル

 

 

でした

 

 

だから肩や腰が痛いときも付けると

 

言っていたんだ

 

 

妙に納得したのと

 

なにかじわ~と懐かしい感じになりました。

 

お守りみたいな感覚

 

 

でも良く考えると

 

あのおばあちゃんは

 

 

すごく頭の痛い時も

 

ひどい鼻づまりの時も

 

この薬でがんばっていたんだなぁ

 

 

 

 

その小瓶はごつごつした

 

粗悪なガラスで出来ていて

 

そのおばあちゃんでも気軽に

 

手に入る値段だと思います。

 

 

 

逆にそのフォルムが魅力的なのです。

 

 

 

 

良くも悪くも

 

そんな感じの国が

 

ネパールでした。

(多分、今もさほど変わっていないのでは)

 

 

 

*********

6月15日(日)週末は

伊勢原でFIFAサッカーワールドカップ

ブラジル大会パブリックビューイング!!

みんなで応援しよう

所 イセハラ テクニカルセンターバスターミナル

時間 9:00会場  コートジボアール代表 対 日本代表

    10:00キックオフ

マナーを守って楽しく観戦!皆さん来てください。

*********

伊勢原駅北口徒歩2分

広いテーブルでランチミーティング(昼食会議)

いかがですか。

カトマンズバール

TEL070-6970-8449

(テイクアウトもできます。お電話ください。)

********

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.peace-himalaya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/22

ページ上部へ